【Mac】インターフェイスの行方

macbookretina
(画像はhttp://www.apple.com/macbook-pro/より)

皆様、お久しぶりです。

スティーブ・ジョブズの事を書いた記事が最後だったのでもう8ヶ月が経ったのですね。
早いのか短いのかなと思う今日この頃なのですが、長い間記事を書く事無くTwitterやFacebookにどっぷりとはまっていたのですが、Twitterではいつも何処かでジョブズの事に関するツイートはあるものの、こうして更新の無い自分のブログを見るともうそんなに経つのかなと思ったりもします。

と、前置きはこの辺にして、その記事を更新しない間にiPhone 4Sが出たりiPad(3rd)が出たりとAppleは相変わらずの快進撃を世界で繰り広げてる訳なのですが、本丸(?)のMacの世界でも革命となるであろう新製品が出ましたね。

そんな中で先日ラップトップ製品のフラッグシップにあたるMacBook ProのメジャーアップデートがWWDC 2012で発表発売されました。
僕もApple Storeや某量販店で触ってきましたが、ウリの1つである「Retina ディスプレイ」は確かに綺麗でした。
iPhone 4や4Sの様な本当にドットが分からないほどのRetinaでは無いものの、ある程度近くで見ても目を凝らして見ないと分からないほどなので、iPhotoやApertureのデモ写真を拡大して見るとこの新しいディスプレイを恩恵があったのかなとも思ったりします。

解像度も2,880 x 1,800ピクセルと大きく、スケーリング解像度1,920 x 1,200と解像度だけで言えば17inchに匹敵します。
これにより17inchのMacBook Proはディスコンになってしまいました。
個人的にはそっちの方がビックリしました。

そして最大の特徴とも言っても良いのが光学ドライブを排除した事。
FireWire 800ポートとエキスプレスカードスロットルも排除した事。

そうです。インターフェイスを大幅に刷新したのです。
その代わりという訳ではありませんが、USBは「3.0」になり高速化。Thunderboltポートも2基になり、HDMIポートが追加されました。
これに伴って、ディスプレイを最大3台まで接続出来るとの事です。

過去にもAppleはiMacでフロッピーを取ったり、iPodではFireWireからの同期と充電をサポート外にしたりとインターフェイスの刷新はやっているので、それ自体は特に驚く事でも無いのですが、僕の中でFireWireを切った事は僕の中では「死活問題」なのです。

僕はFireWireに大きく依存した機器をいくつか所有しているので、日々のバックアップや起動ディスクやファイルの保存を全てFireWire経由でやりとりしてます。
なので、憧れのラップトップが欲しいと思いながらもこの「MacBook Pro Retina」は購入の選択肢には残念ながら入りませんでした。
環境を変えれば良い事なのですが、それにはMacとは関係ない出費は必要になるので、今の所はFireWireに依存した生活を送る事になります。
光学ドライブはもっと深刻です。
LionからはOSのDLも再インストールも殆どがMac App Store経由で行う様になり、物理的なディスクを使わなくなりました。
そしてソフト(App)の多くもオンラインでやりとりする為、昔に比べたらディスクを使う事は少なくなりました。

ただ、僕は音楽CDを買う事が多いので、ここでも光学ドライブを必要とします。
iTunes StoreからDLする事もあるのですが、物理的に所有する事を好む僕にはやはりドライブは必要でありまして...

外付けのドライブを用意するか、MacBook Pro Retinaと同時に発売されたSuper Driveを使えば良いのですが、Macに色んなモノが繋がった状態を好まない僕にはやはりこの選択肢も無かった訳で...



僕は古いインターフェイスをキッパリ捨てて、新しく高速なインターフェイスに切り替えるやり方は否定しません。
そのおかげで便利になった部分もあります。

ただ、僕が思うにこの「MacBook Pro Retina」は未来へのコンセプトモデルという位置付けの域を出てない気がして、MacBook Airが出た時もそうですが、ある程度熟成しないと僕レベルの人間には中々手が出せないという正直な気持ちもあります。

そして、今年後半にアップデートが噂されているiMacなのですが、iMacにはこの斬新なまでのインターフェイスの切り替えはあり得る話でもあります。
個人的にはFireWireは切られると思ってますし、主軸はThunderboltへ向かっていくものと思います。

余談ですがこのMacBook Pro Retinaと同時に従来のMacBook Proもアップデートされましたが、光学ドライブやFireWireは残りました。
僕はiMacの時期アップデートで光学ドライブは排除しないと思っている人の1人なのですが、FireWireは残念ですが、無くなる可能性が大きいと思ってます。

時期が経てばサードパーティ製の機器も安くなる可能性がありますし、じっくりと環境の刷新を考えながら、今回は「涙を飲んで」見送りました。(笑)

ただネガティヴな事ばかりでも無く、USBが3.0に対応したのは予想外でした。
てっきりThunderboltで押していくものと思ってましたが、USB 3.0をあっさりと積んで来たのは僕的にも活用出来る範囲が広くなったものと理解してます。(対応機器も比較的安いですし)



ともかくこの「MacBook Pro Retinaショック」は大きく影響をもたらすものと思いますし、個々のユーザーの使い方を変える意味で「革命的」なのは間違い無いと思います。

追記 : 実はAirMac Expressもアップデートされ、イーサネットWANポートが追加され、ベースステーション的な使い方も出来る様になりました。

▽製品情報
MacBook Pro」Appleホームページ
AirMac Express」Appleホームページ

Stay hungry, Stay foolish... ありがとうジョブズ...

2011年10月6日(日本時間)

東京は前日からの雨が止み、嘘みたいに晴れ渡った良い天気でした。
今思えばあの「雨」は日本よりも早くあの訃報を知った人達の涙雨だったのかもしれません...

その日の午前中、仕事の合間にマヌケな顔をしながらiPhone片手にTwitterのTLを見ていると目を疑う様なフレーズをツイートしている方が多数居たのです。
どんな内容だったのかはもう皆様もお判りですのでココでは書きませんが、それから数分間は固まり吸っていたタバコが全て灰になっていたのをよく覚えてます。
今でも忘れません...

ボクはジョブズがCEOの役職を退き、体調を考慮しながら静養しているものとばかり思っており、CEO辞任のニュースが流れた時も「激務から離れて体を大事にして欲しい。今が1番の辞め時」とよくツイートしていたものでした。

人は何時かは「死」という終わりを迎えます。
コレは避けて通る事は出来ません。
ジョブズも2005年のスタンフォード大学の卒業式時のスピーチでも言っていましたが、自ら死の淵を経験してきたからこそ、リアルで説得力ある言葉が出て来たと思い「伝説のスピーチ」だったと今でも思っています。

ジョブズが8月にCEOを退任してからまだ間もないのにボクにとってもAppleファンにとっても1番「来て欲しくない日」がこんなに早く来るとは誰が想像したでしょうか。
「体調はあまり良くない」とはニュースでは伝わってくるものの誰もが療養してたまには顔を出してくれると思ったと思います。いえ、そう思いたかった筈です。

でも入ってくる真実はとても残酷で思わず目を背けたくなった事でしょう。
でも間違い無く「彼」はもうこの世には居ません。
伝わってきた話によると先日の「iPhone 4S」発表のキーノートアドレス(基調講演)を見届けた後、静かに息を引き取ったとされています。
ちょっとドラマスティックに報じされてますが、ボクもそうだったのかなって少し思ってます。

そしてジョブズが天に昇ってから数日が経ち、ようやく自分の「思い」をこうして書く事が出来ました。
でも久々の記事でこんな話題を書こうとは夢にも思いませんでした...



ボクはiPodを通じてMacを使う様になったいわゆる「ハロー組」です。
今以てそんなに知識もありません。
雑誌やユーザーガイドに書いてある程度のスキルです。

でもMacを使い始めて、ユーザーコミニュティーに参加し、Appleを本格的に知っていく過程でジョブズのキーノートに出会うのでありました。
一会社のトップが発表する新製品に一体どれだけ注目するのだろうと当時はそんなに興味はありませんでした。
でもジョブズのキーノートを見た瞬間「こりゃ面白い」と思ってしまったのです...

Macを作り、iPodを作り、そしてiPhoneやiPadを作り。
常にオーディエンスを楽しませてきたジョブズは一部の人しか見ないであろうキーノートでも毎回楽しませる「ギミック」を用意するのでありました。

新製品や新サービスの噂話に一喜一憂し、ジョブズの言葉や1つ1つの動向に注目し、常に目を離す事をしません。
それだけ人を惹き付ける何かを持っている人でした。
ボクはそう感じている
1人です。

今のボクがこうしてMacを使って様々な事をしたり、ユーザーコミニュティーに参加して楽しい会話が出来たのも、ジョブズ... いやAppleがあったからこそでした。

コンピュータはハッキリ言ってしまえば「道具」です。
言わばノートと鉛筆です。
でもそこに「使う楽しさ」というエッセンスを加え、様々な「ギミック」があったからこそボクは今でもMacユーザーで居られるのと同時に誇りさえ感じます。

闘いながらも自分の信じた道を貫いたからこそ、僕達を「Fun」にされてくれたのです。
本当に感謝しています。
ありがとうジョブズ。あなたがこの世界で1番の「クレイジー・ワン」だったと思いますよ。

そしてあなたが最高の「ジーニアス」でした。



ちょっとはにかみ屋な「クレイジー・ワン」はたくさんの物を遺して天に召されていきました。
でもジョブズはAppleを愛してる皆さんの心にずっと生きているとボクは思います。
先日、Twitterで惹かれたツイートしていた方の文を紹介してこの記事を終わりにしたいと思います。

” 神様はiPhoneが欲しくなっちゃんたんだよ。だからジョブズを連れて行っちゃったんだね。 "



合掌...

「OnyX」と「Mac OS X 10.6.8」

onyx_001

先日、Appleから「Mac OS X 10.6.8」が公開されました。
ボクも当然の様にインストールしたのですが、OSのアップデートの様な重要なアップデートを入れた際にはアクセス権の修復などのメンテナンスはもはや「当たり前」となっているのがボクの使い方なのですが、今回はOnyXの挙動が少し変だったのです。

前の記事でも少し触れましたが、いつもはOSのアップデートはいわゆる「統合アップデート(コンボ)」を使ってアップデートしていたのですが、今回はセオリー通り「ソフトウェア・アップデート」経由で入れたのです。

そしてそのソフトウェア・アップデート経由で入れた「10.6.8」上でOnyXを使って一連のメンテナンスをした訳だったのですが、アクセス権を直す所までは正常に終わったみたいなのですが、ゴミ箱に捨てた項目をOnyX上からは空に出来ないというトラブルがありました。(と言っても大したトラブルではありませんが)

それとファイルやフォルダを開いた際の位置や大きさや、背景色、カスタムアイ コンなどの情報を記憶しているメタデータの不可視ファイル「.DS_store」ファイルも初期化出来ない事が分かりました。

onyx_dsstore

ボクは当初OSのアップデート絡みのトラブルだと思い、10.6.8の統合アップデート(コンボアップデート)を再度当て直しました。
そのコンボを充ててMacを再起動したのは良いのですが、今度はMacの立ち上がりが極端に遅くなってしまったのです。今の所原因は分かりませんが、色々ファイルを書き換えてシンボリックリンクがおかしくなってしまったのかもしれません。そしてトラブルはコンボでも変わらず。

こうなってしまったら深追いはせずに直前まで使っていたバックアップの「10.6.7」をCCC(Carbon Copy Cloner)を使ってMacに戻して、10.6.7の状態で同じメンテナンスをOnyXを使って実行した所普通に動作しているみたいなので、結論はOnyXと10.6.8の相性問題だったのかもしれません。


そして10.6.7の環境から再度ソフトウェア・アップデート経由で10.6.8にして、今度はOnyXの「2.2.8b5(当時の正式版は2.2.7)」を使って再びメンテナンスを実行した所、ゴミ箱の問題は解決しました。
OnyXのβ版はちょっとコワイ所があって以前もホームライブラリをごっそり削除されてしまった事があったので正式版を待とうと思っていたのですが、やはりOSのアップデート。キャッシュファイルが上手く引き継がれないが為のトラブルは避けたかったので、やむを得ず使ってしまったのですが、この数時間後にOnyXの2.2.8正式版がアップされていたので、b5を使っても問題が無かったと勝手に思ってます。

onyx_log

ちなみに今までのOnyXではクラッシュレポートファイルの中身は削除されませんでした。
理由は分からないのですが、ボクは「仕様」だと思っていて、そんなに気にはしていなかったのですが、2.2.8ではキチンと削除されました。

あとは今までは日本語のローカライズでカーネルキャッシュの項目のフォントが違う事、アピアランスに変更があった事、OnyXを使ってメンテナンス後Macを再起動する際になかなかOSが終了しなかった問題が解決してます。
10.6.8に上げたからなのかもしれませんが、今の所はOnyXの「2.2.8」上でメンテナンスを行っても支障が無い事がボクの環境では確認が取れました。


OnyXは非常に便利なメンテナンスツールですが、OSのカーネル(根幹部分)も弄る事が出来てしまうソフトですので、ご使用は自己責任でどうぞ。(と一応お決まりという事で...)

今回の「10.6.8」は起動も終了も素早く10.6.7と比べると良いアップデートでは無いかとボク個人的には思ってます。(一部のAD○BE系のアプリが変な挙動をしますが...)


▽「Mac OS X アップデート 10.6.8」Apple

▽「OnyX」Titanium's Software

▽「Carbon Copy Cloner」Bombich Software

Apple「Mac OS X 10.6.8」他リリース

software_update

本日、AppleからMac OS X 10.6(Snow Leopard)の8番目のマイナーアップデートにあたる「Mac OS X 10.6.8」がリリースされました。

単体(デルタ、10.6.7からアップデート)と統合(コンボ、10.6〜10.6.7からアップデート)の両方がリリースされておりDLは下のリンクかソフトウェア・アップデートからどうぞ。
今回の修正点は以下の通りです。

・Mac OS X Lion へのアップグレードを Mac App Store からできるようになります
・プレビューが突然終了する問題が解決されます
・IPv6 のサポートが改善されます
・VPN の信頼性が向上します
・Mac Defender の既知の変種を識別して取り除きます


Mac OS X アップデート v10.6.8
Mac OS X 統合アップデート v10.6.8
Mac OS X Server アップデート v10.6.8
Mac OS X Server 統合アップデート v10.6.8

そして同時に10.5(Leopard)用のセキュリティアップデートもリリースされてます。

セキュリティアップデート 2011-004 (Leopard デスクトップシステム用)
セキュリティアップデート 2011-004 (Leopard サーバシステム用)

尚、アップデートの際はバックアップを取り、アクセス権の修復などをしてからアップデートする事をオススメします。

そしてボクも早速アップデートをしました。
最近はあまりやってませんでしたが、今回はソフトウェア・アップデート経由でインストールしたのですが、10.6.7と比べると起動が7秒ほど早くなりました。

まぁ問題は起動してからなので、昔ほど起動には拘っていないのですが、iTunesの起動も若干ではありますが、早くなったので結果的には良かったです。
でも、コンボアップデートも試してみたくなりアップデートを適用後、アクセス権を修復した後にコンボアップデートも充ててしまいました。f(^^)

ただ、無意味にこんな事をやった訳では無く、ちょっとした理由があったのですが、それはこの次の記事で書こうと思います。

systempro

あと余談ですが、今回は新たにシステムプロファイラを見るとハードウェアの項目に「Thunderbolt」が追加されてます。
ボクのiMacにはThunderboltポートは無いので意味は無いのですが...

Incaseの「Incase Audio」

incase_audio
(画像はwww.goincase.com/audio/より)

Apple製品の保護ケースなどを主に作っているメーカーとして日本でもiPhone用のケース「Slider Case」で有名な米Incase社なのですが、自社ブランドでは初のオーディオ製品を2011年9月にリリースする事を公式サイトで発表してます。
デザインへの拘りがあるというイメージのIncaseなのですが、そのデザインへの拘りは「Audio」に関しても一目瞭然です。(笑)

元々音響メーカーでないブランドが音響機器を作るのはイメージ的に「?」な部分もあるのですが、米Moshi社の「Vortex」以降、僕の中ではブランドによっては実に個性的な製品も出て来ているので見逃せない所でもあります。

今回、Incaseから発表されたAudio製品は4種類。
まずはインイヤー型(カナル)の「Capsule」、オンイヤーではライト型の「Pivot」パッド付きの「Reflex」、そしてオーバーヘッド型の「Sonic」の4種類です。

Incaseのサイトを見る限りではデザインの他にも音響的にも色々とテクノロジーを尽くしている事が書かれていますが、こればかりは実際に音を聴いてみないと分からない部分ではあります。

incase_sonic
(画像はwww.goincase.com/audio/より)

個人的にはカナル型の「Capsule」とオーバーヘッド型の「Sonic」の2択なのですが、オーバーヘッド型で密閉、コード片出しという見た目的には僕の購入基準はクリアしてます。(笑)
ただ、デザインがあまりにもシンプルなので、細かい調整等が非常に気になる所ではありますが...

今の所は日本発売、値段、カタログスペックは未定ですが、Apple Storeあたりではやってくれそうなので、もし発売になれば是非とも「フィッティング」と「音」は確認してみたいです。


▽製品情報はこちら
Incase Audio」Incase


やはり「音楽好き」だからね

iPod_classic
(画像はApple Webサイトより)

最近ではすっかりiPodの事を話題にする方も少なくなって来ました。
僕もすっかりiPhone(iOS)に話がシフトしてますから...

時代の流れでしょうか。
量販店に行ってもiPodを触ってる人なんてすっかり見なくなりました。
そして「HDD版のiPodがディスコンされる日」を予想する人も多くなってきました。

確かにフラッシュメモリ(NAND型)の価格も下落の一途を辿り、敢えてHDDを使う意味も無く、とうとう1.8inch型のHDDに関しては大手の東芝が製造を止めてしまったのは記憶に新しい所です。

Apple的にはいつかはHDD搭載のクリックホイールを搭載したiPodはディスコンにはすると思ってます。
でも、僕にとってはこのiPodが「Appleとの出会い」だった訳ですし、未だにクリックホイールを搭載されたiPod(nano)を愛用してます。
そして使える限りは「クリックホイール」に拘ろうと勝手に思ってます。

ただ難点も...
HDD型iPodの決定的な難点はその読み込みの遅さです。
僕が初めてフラッシュ型のiPod(touch)を使った時に選曲してから実際に曲が再生されるまでの速さにビックリしたのを今でも覚えてます。
そして音質も昔のiPodを比べるとかなり良くなっていた事も...

僕はiPod nanoの5世代目で初めてnanoを買った訳なのですが、このiPodの音質には正直ビックリしました。
確かに本格的なプレーヤーには敵いませんが、普通の電車の中とかで聴く分には全く問題無かったのです。

でも...
「音楽好き」には決定的に足りないものがあるのです。
それは「容量」です。
NANDの価格が安くなってきたとは言え、流石に「160GB」はありません。
しかも単体で128GBのNANDを購入しようと思うとそれは今でも高価です。

HDD型のiPodはいつかは無くなる運命だとは思いますが、まだまだ需要はあると思うんです...

そしてあのクリックホイールを操作する感覚はタッチパネルに慣れた今でも全く見劣りしない最高のインターフェイスだと思って、現行のiPod nanoは購入してません。

そして「自分が持ってるライブラリを全部持ち運ぶにはやはりiPod classicぐらいの容量が無いと」と思ってしまうのです。
まぁHDDの遅さもクリックホイールと持ち運んでる曲数でカバー出来るといった所です。

iPodと言えば新製品は9月というのがAppleの慣例になってますが、そろそろお株はiPodでは無く、iOSデバイスにシフトしていくのかなって思うと少し淋しい気持ちになったりもします。
なので、昔ながらの流れを汲んだ「iPod classic」にはもう少し頑張って欲しいなと思ったりもするのです。

音楽が大好きでiTunesにメチャクチャ曲を入れてる人には僕の「戯言」は分かってくれるとは思います。f(^^)

Apple「Time Capsule」「AirMac Extreme」をリニューアル

newtimecapsule
(画像はApple Webサイトより)

本日Appleは自社ワイヤレス製品である「Time Capsule」と「AirMac Extreme」をアップデートしました。

Time Capsuleは2TB(26,400円)と3TB(44,400円)となり、AirMac Extremeは15,400円となってます。
Time Capsuleは1TBが無くなった変わりに新たに3TBを追加してます。

そしてSnow Leopardでの使用時、Time Machineを使った際のバックアップが60%高速になっているとの事です。
2TBは2万円台になった事で導入しやすくなりましたね。
ただ、Time Capsule、AirMac Extreme共にデザインの変更は無く、内部コンポーネントのブラッシュアップに留まっていると予想されています。
今後、バラシレポートが待たれる(他力本願ですが...)、現行のiPhoneやiPadに搭載されている「A4」「A5」チップが搭載されているかは現時点では分かっていません。

7月にはOS Xのニューバージョンにあたる「Lion」のリリースが控えている事。そして9月にローンチが始まると思われる「iCloud」との相互作用による環境の進歩が期待されています。



ここからは僕の雑感。
個人的にはデザインが変わらなかったのは予想しながらも少し残念です。

近年Appleはアルミ部品を「これでもか!」と使用しています。
熱の飽和性が高いポリカーボネイトで無く、筐体の周囲をアルミパーツで覆ってくれる様なデザインがあったらなってずっと思ってました。
基本「白林檎」が好きな僕ですが、熱効率の高いアルミを使ってくれれば気温の高い環境での使用でもある程度は耐えてくれるかと...

あとはワイヤレス製品なので通信品質なのですが、噂によると従来のアンテナ数を3本から6本に増やしているという話もあるので、これまでの通信圏の拡大と品質の安定は期待したい所です。

僕もAirMac Extreme(初代「n」対応)を使ってますが、そろそろ3年近く使ってます。
旧製品でもそうでしたが、2.4GHzと5GHzのデュアルバンドが使える事は以前から羨ましく思ってました。
そして「n」に対応していないiPhone 3GSも使用している環境なので、「n」をMaxパワーで使えていないのですが、そろそろ完全に「n」な環境にしたいと思っています。

Reboot

皆様、お久しぶりです。
出ては消えてを繰り返してるretroです。

丁度前のブログを辞めたのは今から半年程前でした。
半年経って「また書いてみよう」と思ったら復活させるつもりでした。

去年は色々とあってブログにまで手が回りませんでしたが、体の調子もあの時と比べると回復して来てますし(今は持病が悪化してますが)、新しい場所で。そしてがむしゃらにAppleを追いかけてた「あの時」と同じブログ名で再出発したいと思います。

昔に比べたら更新は疎らになると思いますが、小さくまとまってヒッソリこっそりと書いて行こうと思います。

皆様、宜しくお願いします。


2011年6月15日
Retro@Diary 管理人 retro
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。