【Apple】MobileMe 終了

mobilemeendoflife

Appleの個人向けオンラインストレージサービスである「MobileMe」が2012年6月30日をもって終了しました。
元々は2000年に「iTool」としてMacユーザーへのサービスとしてスタートしました。
2002年に「.mac(ドットマック)」とサービス名を改名、年間9,800円の有料サービスとして再スタート。
2011年に「iCloud」が発表され、MobileMeのサービスと置き換わる形で終了がアナウンスされていました。

2008年にはiPhone 3Gの発売と同時に当時の「.mac」から「MobileMe」とサービス名を改名しサービスの拡充を図った時に現ユーザーの移行が正常に行えない不具合とサービスの遅延が問題になり、当時のCEOであるスティーヴ・ジョブズによって「プッシュ」という表現の停止と無料ユーザーと契約者に対してサービス終了期限を90日間延長する処置も取られた事もありました。(その後、再度延長があったと記憶してますが)



僕は純粋にオンラインストレージをしてしか使っていなかったのですが、MobileMeを利用しiWeb経由でサイトなどを公開していた方は移行に戸惑ったと思います。
サービス終了という事で別のサイトやブログサービスに移行を余儀なくされた訳ですし。

前出も言いましたが、僕はオンラインストレージとして使っていましたが、実行速度がお世辞にも速いとは言えず、とうとうサービス終了まで改善する事はありませんでした。
ここは本当に残念でした。
僕は当時のiMac G5を購入時に当時の「.mac」に加入しこのサービスを利用する事になりました。
当時は「Virex」というマカフィーのアンチウイルスソフトを同梱されていたのと「@mac.com」というメールアカウント欲しさに加入したのですが、Virexも早々にサポートが打ち切られ、メールアカウントとサービスの本丸である「iDisk」を主に使う様になりましたが、転送速度が遅いので、最後の方はメールアカウントとMacとiPhone、iPad間のSafariのブックマーク同期の為に使っていた様なものでした。

iCloudで無料5GBという制限はあるものの、現状のサービスやメールアカウントも移行出来る事は既存ユーザーにはありがたい事ですし、iPhoneなのでApple製品に触れこのサービスを使ってる方や、MobileMeを使った事が今まで無かったMacユーザーやWindowsユーザーにもiCloudは概ね好評のようです。



僕はつい最近までSnow Leopardのユーザーでしたが、iCloudのフル機能を使うにはLionに移行する必要があり、マシンのスペック的にも不安がありながらもLionに移行しました。
最近ではようやく慣れましたが、もう今月にはMountain Lionがお目見えするのですね...

僕は「.mac」からのユーザーですからそんなに古いユーザーでは無いのですが、こうしてサービスが終わる事は少なからず寂しいものがあります。



今後はサービスはiCloudに一本化され、MobileMe加入者へサービスされている9月30日まで提供されている20GBのサービスストレージがダウングレードされれば本当の意味でのMobileMeが終了となります。

僕は暫くは無料で使ってみて利用頻度が上がれば有料オプションへの加入も考えてます。
最近ではDropboxを多用している僕ですが、MacとiPhoneやiPadとのオートシンクを考えるとやはり純正サービスならではの強みはやはり感じますから。(^^)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。