【私話】無題

music_his

今日は敢えて「無題」という事にさせて頂きます。

僕、昔からそんなに友達が多い方では無かったので音楽や趣味が友達みたいな所がありまして。
部屋では延々と音楽が流れてたりしてた訳です。(今もですが)

特にスピーカーから流れてくる音楽と会話が出来る訳では無いですし、当然何かを答えてくれる訳でもありません。
ただ、好きな音楽を延々と垂れ流してたのです。

小学生の頃に洋楽にショックを覚えてから手当たり次第に聴きまくってそれなりに時代幅広く知る事が出来ました。
音楽好きの数少ない友達とお酒を呑めばネタは延々と続きます。(笑)
そうして趣味ばかり追いかけてきたので、それなりにネタの引き出しもあるので一部では朝まで呑む事から「ナイツ」というあだ名まで頂く始末です。(笑)

数々のご迷惑もお掛けしているのでこの場を借りて謝罪をと...



昔、音楽をやっていた事もあり「それなり」にですがそっちの話題も得意です。
なので、音楽の話のしている自分はとても楽しそうなんだろうなって思う事もあり。
つかみ所がある自分をちょっと褒めてやろうかなと思ったり...

ただ、音楽に限った事では無いですが、趣味方面の話ってある意味その人の「全て」が出ます。
ココでは音楽に限って書かせてもらいますが、自分のカラーが色濃く出る世界なので、人と話す時もそれが原因でけんかとまでは行かなくても不愉快な気持ちになったり、傷ついたりする事も時にはあると思います。

僕自身は、同じ趣味なら良いですが、基本相手の音楽の趣味にはあまり立ち入りません。
もしそういう機会があったら話好きではあるので色々しゃべりますが、相手が持っている領域を認めてから話をする様に心懸けているつもりです。

ひょっとしてその話の中に自分が興味を持つ事が出来るかもしれませんし、その逆も。
僕の理想はそうして見聞を広げて行くという事です。

自分が思ってる事や考えている事が全て正しいなんて思ってはいけません。
それは単なる「奢り」です。
でも、そういう事を分かった上でやっている人達も居ます。
世渡り上手なんでしょうね。

でもそれはそれで良いと思います。





何かなんのオチも無い話なのですが、音楽の趣味の論争や個人が好いている事を揶揄する事なんかを耳にする事があったりするのでそれが妙に悲しい事だなって思ったのが切っ掛けの記事でした。

僕にもあまり聴かないジャンルや得意では無い方面の音楽ももちろんあります。
でも、それらを否定してしまう事はその人からアイデンティティーを奪う事にもなるのでそれは凄く危険な行為だなと思ったりもするのです。

何と言いましょうか。
もっと認めあう事は出来ないものなのかなって思ったのであります。


以上


P.S : 上の画像は最近僕は贔屓にしている本です。おすすめです。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。