【Apple】AUGM TOKYO 2012に参加しました

augm_001
(画像はhttp://www.augm-tokyo.jpより)

去る、2012年9月8日(土)に東京・渋谷で開催されたAUGM(Apple User Group Meeting)TOKYO 2012に参加してきました。
東京は前日から雨が降ったり止んだりの不安定な天候の中、開催の頃にはすっかり晴れ間が広がってました。

過去2年前のから東京で開催される事は知って、お仲間さんに誘われていたのですが諸事情で過去のAUGMには参加出来ませんでしたが、今回2次募集があった事もあり仕事も休みという事もあってエントリーしてみました。

もう何年も付き合いのあるブロガーさんやTwitterやFacebookのフォロワーさんからも参加を喜んで頂き大変恐縮してます。
この場を借りて熱く御礼を申し上げます。m(_ _)m

渋谷という場所は僕にとってはそんなに大した場所ではありません。
昔からの遊び場でしたし、普段から買い物にもよく出掛けます。
ですが、この日だけはちょっと空気が変わってました。(僕的に)

前日には「林囓」の主宰者で最近は「伊勢志摩Appleユーザー会」でもご活躍のMetalさん、「猫とMacの日々」のみーけさん、そしてApple-Style 7周年の会でも話題になっていたオリジナルバンパーの制作者であるお馴染み「NewDesign」のみとさんとMetalさんのご友人さんとで「勝手前夜祭」をやっていたのですが、いつもの如く飲んだくれてました。f^^)

開催の渋谷は僕的にApple系イベントの大きな会という事もあり、いつもの渋谷とはちょっと雰囲気が変わってました。
どことなく緊張していたんでしょうね。(笑)




ITジャーナリストの林信行さんのスピーチで幕を開けた本会は出だしから盛り上がってました。



2回の休憩タイム(購買ブースタイム)を挟んで各ベンダーさん(詳しくはAUGMのWebサイトをご参照下さい)の商品紹介がメインという形になります。
個人的にはトリニティ株式会社、株式会社MJソフト、フォーカルポイント株式会社、有限会社アドプラス、アドビシステムズ株式会社のスピーチが面白かったです。
AUGMと言えばアドビ西山さんのスピーチの砕け具合が有名なのですが、今回も「コンじって」ばかりでしたね。というより手を抜いてましたね。(笑)

AUGMの購買で売られる各アイテムというのはAUGM限定で安く売られるものがあったり先行発売(今回は無し)があったりとこれを狙って参加される方も多いです。(僕のお仲間さんにもそういう方がいました(笑))
そして遠くから参加される方も多く今年は350人(1次募集、2次募集込みで400人)の参加者がいたらしいです。
僕の知る限りでは北は北海道。南は宮崎からわざわざ来られる方も居て、実際にお会いして挨拶させて頂きました。

本会自体は無料でエントリーさえすればどなたでも参加出来ますし、ハンディキャップがある方も参加出来る様に配慮されてます。
本会の後は同会場(渋谷・シダックスホール)で有料参加(5,000円)で懇親会も開催されました。(僕は不参加でしたが)
懇親会では「ジャンケン大会」が風物詩になっているみたいです。

遠方からの参加者さんも近場からの参加者さんも皆様お疲れ様でした。(^^)



ココからは「retroの独り言」という事で。

冒頭でも書いたのですが僕は今回が初参加でした。
僕にとってのメインはベンダーさんの製品の詳細を聞くという事ももちろん大事ですし良い情報だと思います。
なのですが、普段からSNSで会話をさせて貰ってるフォロワーさん、昔書いていたブログの読者さんと会って会話を交わす事が真の目的です。
なので、本会の中でもう少しそういう時間があっても良かったかなとは思ってます。
休憩もありましたし、途中退出も特に規制は無かったのでそれでも十分と言えば十分なんですけどね。f^^)

本来はApple系のイベントやユーザーズイベントというのはMacユーザーがメインで話もMacやiPod関連の話が多いのですが、今はそれに加えてiPhoneやiPadからApple製品を知ってTwitter等で友達が増えてそういうイベントに参加される方も多いと思います。
なのでもう少しそういうコミュニケーション的な所にフォーカスした時間もあったらなって思いました。
※あくまでも僕の感想です。

でもAUGMと言えばその方面では知名度のある有名なイベントですから遠方からわざわざ来られる人達が居てそういう人達にお会い出来るって凄く感謝すべき事だと思います。
今後もこういうイベントには出来る限り参加したいと思います。(^^)
スポンサーサイト

【私話】無題

music_his

今日は敢えて「無題」という事にさせて頂きます。

僕、昔からそんなに友達が多い方では無かったので音楽や趣味が友達みたいな所がありまして。
部屋では延々と音楽が流れてたりしてた訳です。(今もですが)

特にスピーカーから流れてくる音楽と会話が出来る訳では無いですし、当然何かを答えてくれる訳でもありません。
ただ、好きな音楽を延々と垂れ流してたのです。

小学生の頃に洋楽にショックを覚えてから手当たり次第に聴きまくってそれなりに時代幅広く知る事が出来ました。
音楽好きの数少ない友達とお酒を呑めばネタは延々と続きます。(笑)
そうして趣味ばかり追いかけてきたので、それなりにネタの引き出しもあるので一部では朝まで呑む事から「ナイツ」というあだ名まで頂く始末です。(笑)

数々のご迷惑もお掛けしているのでこの場を借りて謝罪をと...



昔、音楽をやっていた事もあり「それなり」にですがそっちの話題も得意です。
なので、音楽の話のしている自分はとても楽しそうなんだろうなって思う事もあり。
つかみ所がある自分をちょっと褒めてやろうかなと思ったり...

ただ、音楽に限った事では無いですが、趣味方面の話ってある意味その人の「全て」が出ます。
ココでは音楽に限って書かせてもらいますが、自分のカラーが色濃く出る世界なので、人と話す時もそれが原因でけんかとまでは行かなくても不愉快な気持ちになったり、傷ついたりする事も時にはあると思います。

僕自身は、同じ趣味なら良いですが、基本相手の音楽の趣味にはあまり立ち入りません。
もしそういう機会があったら話好きではあるので色々しゃべりますが、相手が持っている領域を認めてから話をする様に心懸けているつもりです。

ひょっとしてその話の中に自分が興味を持つ事が出来るかもしれませんし、その逆も。
僕の理想はそうして見聞を広げて行くという事です。

自分が思ってる事や考えている事が全て正しいなんて思ってはいけません。
それは単なる「奢り」です。
でも、そういう事を分かった上でやっている人達も居ます。
世渡り上手なんでしょうね。

でもそれはそれで良いと思います。





何かなんのオチも無い話なのですが、音楽の趣味の論争や個人が好いている事を揶揄する事なんかを耳にする事があったりするのでそれが妙に悲しい事だなって思ったのが切っ掛けの記事でした。

僕にもあまり聴かないジャンルや得意では無い方面の音楽ももちろんあります。
でも、それらを否定してしまう事はその人からアイデンティティーを奪う事にもなるのでそれは凄く危険な行為だなと思ったりもするのです。

何と言いましょうか。
もっと認めあう事は出来ないものなのかなって思ったのであります。


以上


P.S : 上の画像は最近僕は贔屓にしている本です。おすすめです。

Incaseの「Incase Audio」

incase_audio
(画像はwww.goincase.com/audio/より)

Apple製品の保護ケースなどを主に作っているメーカーとして日本でもiPhone用のケース「Slider Case」で有名な米Incase社なのですが、自社ブランドでは初のオーディオ製品を2011年9月にリリースする事を公式サイトで発表してます。
デザインへの拘りがあるというイメージのIncaseなのですが、そのデザインへの拘りは「Audio」に関しても一目瞭然です。(笑)

元々音響メーカーでないブランドが音響機器を作るのはイメージ的に「?」な部分もあるのですが、米Moshi社の「Vortex」以降、僕の中ではブランドによっては実に個性的な製品も出て来ているので見逃せない所でもあります。

今回、Incaseから発表されたAudio製品は4種類。
まずはインイヤー型(カナル)の「Capsule」、オンイヤーではライト型の「Pivot」パッド付きの「Reflex」、そしてオーバーヘッド型の「Sonic」の4種類です。

Incaseのサイトを見る限りではデザインの他にも音響的にも色々とテクノロジーを尽くしている事が書かれていますが、こればかりは実際に音を聴いてみないと分からない部分ではあります。

incase_sonic
(画像はwww.goincase.com/audio/より)

個人的にはカナル型の「Capsule」とオーバーヘッド型の「Sonic」の2択なのですが、オーバーヘッド型で密閉、コード片出しという見た目的には僕の購入基準はクリアしてます。(笑)
ただ、デザインがあまりにもシンプルなので、細かい調整等が非常に気になる所ではありますが...

今の所は日本発売、値段、カタログスペックは未定ですが、Apple Storeあたりではやってくれそうなので、もし発売になれば是非とも「フィッティング」と「音」は確認してみたいです。


▽製品情報はこちら
Incase Audio」Incase


Reboot

皆様、お久しぶりです。
出ては消えてを繰り返してるretroです。

丁度前のブログを辞めたのは今から半年程前でした。
半年経って「また書いてみよう」と思ったら復活させるつもりでした。

去年は色々とあってブログにまで手が回りませんでしたが、体の調子もあの時と比べると回復して来てますし(今は持病が悪化してますが)、新しい場所で。そしてがむしゃらにAppleを追いかけてた「あの時」と同じブログ名で再出発したいと思います。

昔に比べたら更新は疎らになると思いますが、小さくまとまってヒッソリこっそりと書いて行こうと思います。

皆様、宜しくお願いします。


2011年6月15日
Retro@Diary 管理人 retro
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。